美脚には骨盤

2019/06/10
ロゴ

「美脚には骨盤」

太さラインも気になる脚は、食事制限や筋トレでなかなか結果がでない・・・そんなかたは骨格を見直してみては。

美しい脚には、骨盤と脚の形を整えることが重要。背骨が長く背中の筋肉が落ちやすい日本人は骨盤が傾きやすい。骨盤が傾けば脚の形が変わり、外側や前側、ふくらはぎなど部分的に筋肉が張ってしまいます。成長期のスポーツ経験が骨盤の傾きに影響をおよぼしてるとも言われています。重心を低く腰を落とす球技は骨盤が後傾し、自分の身体能力だけで行う陸上、バレエ、体操は骨盤が前傾。運動してない多くの日本人が後傾になりがちです。自分の骨盤の傾きをチェックできるのが前屈。手のひらが簡単に床につくなら前傾。まったく届かないなら後傾。あなたは、どちらのタイプ?

〇前傾タイプ ハイヒールを履く人に多い前傾骨盤。膝が内側に入り,内腿の筋肉が上手に使えず硬くなりやすい。さらに気になるのは、ふくらはぎの発達。原因は歩くときにつま先の蹴りが強いこと。内腿をストレッチし、すねを使うことでふくらはぎを細く!

〇後傾タイプ 日本人の7割は骨盤が後傾する。その原因の一つが姿勢筋の衰え。骨盤が後ろに傾くと膝が外側に開いてO脚になり、外側に力がかかるため太腿外側が発達。さらに膝を曲げながら歩くので膝上、足首まわりがもたつきます。骨盤を整えてO脚を矯正すると同時に、背中と脚の裏側をしっかり使うメソッドで美脚を!

骨の質や体積で体の見え方に深く関わってるので、歩く量を少し増やし衝撃を与えたり、ビタミンC、 K、 Dを摂り入れる。日光を浴びる。特に食事を変えると骨は3週間で変わりますよ。

「美脚には骨盤」